Page up▲

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Page up▲

そつとここらでわかれませう。

好きな詩を、ニコで聞いてもぎょっとしない程度に切ったり貼ったりしました。
季節感など気にしてタイトルを変えてみたものの、すごく…春の歌です。



黄色といえば、山村暮鳥の「いちめんのなのはな…」ていうのも好き。
あと新井素子の「雨の降る星 遠い夢」ていう短編も気に入りです。
ノスタルジー!。

---

もいっこ、こっちはカバー。

【ニコニコ動画】【UTAUカバー】envy.

fresampでびりびりいう音にはフレームサイズを固定してやるといい(場合もある)ということを学習。
ライブラリにもよるのでしょうが、森君の場合は高さ関係なくノイジーになる音があって、そこだけフラグf2とかf3入れるとマシになりました。

---

つづきはMellow*Yellowの オケと 歌詞です
間違えてボーカル入り上げてました、申し訳ない。
   
---


【mid】
Winならば右クリック→保存。
100709.mid

【歌詞】
黄色、きいろは棕櫚の花
卵いろ 蒲公英 仔猫の眼
みんな寂しい手触りの、
岸の、柳の、芽の黄色

わたしたちどこまで歩いても
どこにもたどり着かないね
いくつ四辻曲がっても
いつかゆめ見た場所にさえ

わたしたちどこまで歩いても
何にもどうにもならないね
そいじゃあここらでさようなら、
かわいいひとの手を離す

黄色、きいろは茴香の、
「思い出」のいろ 雲のいろ
ほんにゆかしい三味線の、
夢の、夕日の、音の黄色。


原詩:
北原白秋「黄色い春」(『東京景物詩及其他』所収)

Page up▲

LOGO1

Post a Comment

comments

Page up▲

Post a Commentpac

Private message

Designed by mi104c.
Copyright © 2017 林餡, all rights reserved.
10 | 2017/11 | 12

sun

mon

tue

wed

thu

fri

sat

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Page up▲

  • 最新記事のRSS
  • 最新コメントのRSS
  • 最新トラックバックのRSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。